令和2年は 5月4日、5日の2日間の「春季例祭」でした

5月4日

お下り(神迎え)

午前10時頃
密を避けるため神輿ではなく厨子を担いだ白丁(白装束の担ぎ手)2名と宮司と祭りの委員長らが奥の院へと向かいます。

奥の院出発

午前11時頃
川上御前(かわかみごぜん)、国常立尊(くにとこたちのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の三柱の神様の御幣を厨子に入れて下宮へむかいました。

里宮到着 奉迎祭

午前11時30分頃
5名の区長と白丁に担がれた神輿は、静々と神社拝殿むかい、奉迎祭が取り行われました。

午後2時30分
最少の人数にて奉迎祭を行いました。



5月5日

神幸祭

午前11時30分頃

神輿ではなく、厨子にお納めした神様を、車にて五箇地区の各神社へ参りました。

各神社へ

地区の参拝者の方々も密を避けて遠巻きに

岡太神社へ帰ってきました

奉送祭

午後4時
最少の人数にて

お上り

奉送祭終了後、直ちに出発しました。

山道を登ります

上宮へのお移り


松坂唄

里宮への帰路。松坂唄を唄いながら下山。

手締め

シャ〜ン・シャ〜ン・シャン
もひとつ来い
シャ〜ン・シャ〜ン・シャン
祝うて三度じゃ
オッシャン シャ〜ンのシャン

これにて、令和2年の「春季例祭」の終了でした。