越前生漉鳥の子保存会の活動

歴史ある雁皮紙の調査研究

過去に漉かれた雁皮紙を
東京の五島美術館や市が保存する江戸時代に漉かれた紙の原料の配合具合等を調査研究もしています。


雁皮の採取

山の中へ分入って
福井県敦賀半島の山中や、和紙の里の山中へ雁皮の皮をゲットしに行きました。
雁皮の皮は現場ですぐに剥ぎ取ってしまいます。このタイミングが一番楽に作業ができ、持ち帰るのにも軽くて済みます。


越前生漉鳥の子紙保存会

鳥の子紙(生漉雁皮紙)の抄紙技術保存団体の設立
ベテラン職人から若手職人への技術継承に加え、原料の雁皮の栽培や紙漉き道具の製造技術、そして江戸時代に漉かれた和紙の調査研究を行い、国の重要無形文化財(重文)指定を目指します。